Nareuのこだわり

生命の循環を実現させる

近年、世界人口の急激な増加によって、貧困層が増えてきております。
この現象に伴い、「生活のために自然環境を破壊してでも生産を続ける」という動きが途上国を中心に増加しているのです。環境破壊が加速する今、豊かさに甘えて何でも使い捨てにする時代には、もう限界がきていると考えなければなりません。NAREUは「生命の循環」をコンセプトに、計画伐採した木材や、端材、リサイクル材などを使った内装や家具をデザインしている工房です。自分たちの作品が少しでも地球環境のことを考えるきっかけになればと考えておりますので、興味を持たれた方はぜひ工房までいらしてください。

生命の循環を実現させる

天然木材へのこだわり

木は、鉄よりも耐久性に優れた素材です。樹齢100年から300年にもなる樹木は、倒れた後も製品として、2世代・3世代と人に手によって受け継がれ、時代と共に循環していきます。また天然の木材は、種類や切り出す部位によってさまざまな表情を見せてくれるデザイン性の高い素材です。
しかし、そんな優れた素材であるはずの木材は、国土の3/4が森林という恵まれた環境で暮らす私たち日本人にとって、あまりにもありふれた素材。そのため木材の本当の価値は、あまり知られておりません。
NAREUでは、こうした状況を変えるために、さまざまな天然木材を使って作品を製作しているのです。

天然木材へのこだわり

未来と今をつなぐ

奈良の法隆寺は、モデルとなる建築物が何もない時代に、自然の美しさをお手本にしながらつくりあげられた最高の芸術作品です。日本人はかつて、さまざまな工夫を凝らしながら、自然と融合した作品を完成させてきました。
NAREUはこうした精神を受け継ぎ、ひび割れによって使い物にならなくなった木材を利用したデザインや、通常なら捨ててしまう端材を利用したデザインをご提案しております。内装や家具の新調をご検討されている方は、お気軽にご相談ください。

未来と今をつなぐ

人と自然の循環

朝露、水一滴が大地にしみ、やがて小川になり、大河になり、大海原に注ぐ。
海から蒸発した水はやがて雨となり、山にふりそそぐ。水一滴がよどみなくさらさらと流れるように、自然の循環と人の生命の循環はつながっているのです。

人と自然の循環

「デザイン」と「環境保全」を両立させる取り組みについて

地球環境に負担をかけないようにするには、計画的な伐採が行われている森林から木材を仕入れる必要があります。同時に思い通りのデザインを実現するには、何十種類もの木の中から、ベストな木材を選ばなければなりません。
そのためNAREUでは、確かな管理が行われている証である「FSC認証」を受けた木材を、海外・国内から仕入れております。海外の木材の場合には、北海道など国内で一旦ねかせてから使用いたします。また、国産の木材を使用することで輸送にかかるCO2を削減する「みなとモデル二酸化炭素固定認証(uni4m)」の木材も併せて仕入れており、豊富な種類の木材がそろいます。

「デザイン」と「環境保全」を両立させる取り組みについて
新しいものを追い求め、古いものを捨ててばかりいるのは良くありません。
しかし、古いものを大切にしてばかりいても、新しいものは生まれません。
NAREUは、「古いもの」と「新しいもの」の両方の良さが上手く融合した社会の創造を目指しております。
  • デザイン募集
  • スタッフ募集
  • Nareuは「FSC」「uni4m」の活動に協賛しています。
  • カタログダウンロード